本文へスキップ

田中章浩(Akihiro TANAKA)

東京女子大学 現代教養学部
准教授

Associate Professor,
Tokyo Woman's Christian University
E-Mail: akihiro[at]lab.twcu.ac.jp

研究テーマ

コミュニケーションを支える認知基盤について、心理学的手法を中心に、脳機能計測も併用して研究しています。もともとは言語理解に興味がありましたが、最近は言語だけではなくて非言語情報の認知過程にも興味が広がってきました。また、もともとは感覚モダリティでいえば聴覚によるコミュニケーション(音声や音楽)に興味がありましたが、最近は視覚も併用した多感覚コミュニケーションに興味が広がってきました。

略歴

【学歴】
1993 埼玉県立川越高等学校卒業
1997 早稲田大学第一文学部心理学専修卒業
1999 東京大学大学院人文社会系研究科 修士課程修了,修士(心理学)
2004 東京大学大学院人文社会系研究科 博士課程修了,博士(心理学)

【職歴】
2002 長寿科学振興財団 リサーチ・レジデント
  (受入先:国立身体障害者リハビリテーションセンター)
2004 東北大学電気通信研究所 研究機関研究員
2005 東京大学大学院人文社会系研究科 助手
2007 東京大学大学院人文社会系研究科 助教
2008 Visiting researcher, Tilburg University (日本学術振興会海外特別研究員)
2010 早稲田大学高等研究所 助教
2012 東京女子大学現代教養学部人間科学科心理学専攻 准教授

非常勤講師
東京女子大学文理学部(2002,2006,2007,2010)
東京女子大学大学院文学研究科(2007)
文京学院大学人間学部(2003)
聖心女子大学文学部(2006, 2011)
専修大学文学部(2007)
東京藝術大学音楽学部(2011)
専修大学人間科学部(2012,2013)
東京大学教養学部(2013)

研究業績

【論文(査読付き)】

  • Ujiie, Y., Asai, T., Tanaka, A., & Wakabayashi, A. (in press)."The McGurk effect and autistic traits; ananalogue perspective." Letters on Evolutionary Behavioral Science.

  • Takagi, S., Hiramatsu, S., Tabei, K., & Tanaka, A. (2015). “Multisensory Perception of the Six Basic Emotions is Modulated by Attentional Instruction and Unattended Modality.”Frontiers in Integrative Neuroscience, 9(1), doi: 10.3389/fnint.2015.00001.
  • 木幸子・平松沙織・田中章浩.(2014).”表情と音声に同時に感情を込めた動画刺激に対する感情知覚”. 認知科学,21,pp.344‐362.
  • 木幸子・ 田部井賢一・ Huis In 't Veld Lisanne・ de Gelder Beatrice・ 田中章浩. (2013). “表情と音声の示す感情が一致していない刺激からの感情知覚―異文化バーチャル・リアリティ・コミュニケーションへの応用―”. 基礎心理学研究, 32, pp.29-39.
  • Hidaka, S., Shibata, H., Kurihara, M., Tanaka, A., Konno, A., Maruyama, S., Gyoba, J., Hagiwara, H., & Koizumi, M. (2012). “Effect of second language exposure on brain activity for language processing among preschoolers.” Neuroscience Research, vol.73, pp.73-79.
  • 宮澤史穂・ 田中章浩・ 西本武彦. (2012). “ワーキングメモリにおける音韻情報とピッチ情報の保持システム−リハーサルの観点からの検討−.” 認知科学, 19(1), pp.122-130.
  • Asakawa, K., Tanaka, A., & Imai, H. (2012). “Audiovisual temporal recalibration for speech in synchrony perception and speech identification.” Kansei Engineering International, 11, pp.35-40.
  • 高橋麻衣子・田中章浩. (2011). “黙読と音読での読解過程における認知資源と音韻表象の役割.” 認知科学, 18(4), pp.595-603.
  • Tanaka, A., Sakamoto, S., & Suzuki, Y. (2011). “Effects of pause duration and speech rate on sentence intelligibility in younger and older adult listeners.” Acoustical Science & Technology, 32(6), pp.264-267.
  • Stienen, BMC., Tanaka, A., & de Gelder, B. (2011). “Emotional voice and emotional body postures influence each other independently of visual awareness.” PLoS ONE, 6(10), doi: 10.1371/journal.pone.0025517.
  • Tanaka, A., Asakawa, K., & Imai, H. (2011). “The change in perceptual synchrony between auditory and visual speech after exposure to asynchronous speech.” NeuroReport, 22(14), pp.684-688.
  • 高橋麻衣子・田中章浩. (2011). “音読での文理解における構音運動と音声情報の役割.” 教育心理学研究, 59, pp.179-192.
  • Sato, Y., Mori, K., Koizumi, T., Minagawa-Kawai, Y., Tanaka, A., Ozawa, E., Wakaba, Y., & Mazuka, R. (2011). “Functional lateralization of speech processing in adults and children who stutter.” Frontiers in Psychology, 2(70), doi: 10.3389/fpsyg.2011.00070.
  • Koizumi, A., Tanaka, A., Imai, H., Hiramatsu, S., Hiramoto, E., Sato, T., & de Gelder, B. (2011). “The effects of anxiety on the interpretation of emotion in the face-voice pairs.” Experimental Brain Research, 213(2-3), pp.275-282.
  • Asakawa, K., Tanaka, A., Sakamoto, S., Iwaya, Y., & Suzuki, Y. (2011). “Audiovisual synchrony perception of simplified speech sounds heard as speech and non-speech.” Acoustical Science and Technology, 32, pp.125-128
  • 高橋麻衣子・田中章浩. (2011). “文の読解処理過程における音韻表象の役割:語順情報と助詞の処理に注目して.” 認知心理学研究, 8, pp.131-143.
  • Tanaka, A., Koizumi., A., Imai, H., Hiramatsu, S., Hiramoto, E., & de Gelder., B. (2010). “I feel your voice: Cultural differences in the multisensory perception of emotion.” Psychological Science, 21, pp.1259-1262.
  • Tanaka, A., Sakamoto, S., Tsumura, T., & Suzuki, Y. (2009). “Visual speech improves the intelligibility of time-expanded auditory speech.” NeuroReport, vol.20(5), pp.473- 477.
  • Sakamoto, S., Tanaka, A., Tsumura, K., & Suzuki, Y. (2009). “Effect of speed difference between time-expanded speech and moving image of talker’s face on word intelligibility.” Journal of Multimodal User Interfaces, 2(3-4), pp.199-203.
  • 高野陽太郎・田中章浩. (2008). “多重プロセス理論による鏡映反転の説明.” 認知科学, 15(3), pp.536-541.
  • Takahashi, M., & Tanaka, A. (2008). “The role of phonological encoding and attentional resource in sentence comprehension after reading silently and orally.” Studies in Language Sciences, 7, pp.283-298.
  • 西村竜一・末永司・鈴木陽一・田中章浩. (2008). “音質劣化が刺激の印象空間内での布置に及ぼす影響.” 日本音響学会誌, 64(2), pp.63-72.
  • Takano, Y., & Tanaka, A. (2007). “Mirror reversal: Empirical tests of competing accounts.” Quarterly Journal of Experimental Psychology, 60, pp.1555-1584.
  • 佐藤裕・森浩一・小泉敏三・皆川泰代・田中章浩・小沢恵美・若葉陽子. (2006). “吃音児の音声言語に対する左右聴覚野の優位性−近赤外分光法脳オキシメータによる検討−.” 音声言語医学, 47, pp.384-389.
  • 田中章浩・森浩一・小泉敏三・佐藤裕・田内光. (2005). “成人人工内耳装用者における音韻と韻律の相互作用.” Audiology Japan, 48, pp.72-78.
  • Tanaka, A., & Nakamura, K. (2004). “Auditory memory ability affects the proficiency of second language speaking: Latent variable analysis approach.” Psychological Reports, 95, pp.723-734.
  • Mori, K., Tanaka, A., Koizumi, T., & Tauchi, H. (2004). “Effects of prosody on phoneme recognition in cochlear implant patients.” Cochlear Implants International, 5 (supplement 1), pp.107-109.
  • Tanaka, A., & Nakamura, K. (2004). “Do verbal and musical memory affect the proficiency of L2 speaking?: Evidence from Japanese adult learner of English.” Studies in Language Science, 3, pp.185-195.
  • 佐藤裕・森浩一・小泉敏三・皆川泰代・田中章浩・小沢恵美. (2004). “吃音者・児の聴覚言語処理による左右聴覚野の優位性−近赤外分光法脳オキシメータによる検討−.” 音声言語医学, 45, pp.181-186.
  • 田中章浩・高野陽太郎. (2002). “音高情報の能動的保持のメカニズム−二重課題法を用いた検討−.” 音楽知覚認知研究, 8, pp.81-91.

【国際会議プロシーディング(査読付き)】

  • Tanaka, A., Koizumi, A., Imai, H., Hiramatsu, S., Hiramoto, E., & de Gelder, B. (2010).“ Cross-Cultural Differences in the Multisensory.” Perception of Emotion.Proceedings of the International Conference on Auditory-Visual Speech Processing 2010, pp.49-53.
  • Koizumi, A., Tanaka, A., Imai, H., Hiramatsu, S., Hiramoto, E., Sato, T., & de Gelder, B. (2010). “The Effects of Anxiety on the Perception of Emotion in the Face and Voice.” Proceedings of the International Conference on Auditory-Visual Speech Processing 2010, pp.194-198.
  • Miyazawa, S., Tanaka, A., Sakamoto, S., & Nishimoto, T. (2010). “Effects of speech-rate conversion on asynchrony perception of audio-visual speech.” Proceedings of the International Conference on Auditory-Visual Speech Processing 2010, pp.190-193
  • Tanaka, A., Asakawa, K., & Imai, H. (2009). “Recalibration of audiovisual simultaneity in speech.”Proceedings of the International Conference on Auditory-Visual Speech Processing 2009, pp.113-116.
  • Sakamoto, S., Tanaka, A., Numahata, S., Imai, A., Takagi, T., & Suzuki, Y. (2009). “Aging effect on audio-visual asynchrony perception: comparison of time-expanded speech and a moving image of a talker's face.” Proceedings of the International Conference on Auditory-Visual Speech Processing 2009, pp.9-12.
  • Asakawa, K., Tanaka, A., & Imai, H. (2009). “Temporal recalibration in audio-visual speech integration using a simultaneity judgment task and the McGurk identification task.” Proceedings of the 31st Annual Meeting of the Cognitive Science Society, pp.1669-1673.
  • Tanaka, A., Asakawa, K., & Imai, H. (2009). “Temporal recalibration to audiovisual asynchrony in speech.” Proceedings of Mini RIEC Workshop on Multimodal Perception, pp.65-70.
  • Sakamoto, S., Tanaka, A., Numahata, S., Imai, A., Takagi, T., & Suzuki, Y. (2008). “Effect of audio-visual asynchrony between time-expanded speech and a moving image of a talker's face on detection and tolerance thresholds.” Proceedings of the International Conference on Auditory-Visual Speech Processing 2008, pp.79-82.
  • Tanaka, A., Sakamoto, S., Tsumura, T., & Suzuki, Y. (2007). “Auditory-visual speech perception and intermodal asynchrony.” Proceedings of the 19th International Congress on Acoustics, CD-ROM英文6頁.
  • Tanaka, A., Sakamoto, S., Tsumura, T., & Suzuki, Y. (2007). “Effect of speed difference between time-expanded speech and talker's moving image on word or sentence intelligibility.” Proceedings of the International Conference on Auditory-Visual Speech Processing 2007, pp.258-263.
  • Tanaka, A., Sakamoto, S., Tsumura, T., & Suzuki, Y. (2007). “Effects of intermodal timing difference and speed difference on intelligibility of auditory-visual speech in younger and older adults.” Proceedings of the International Conference on Auditory-Visual Speech Processing 2007, pp.258-263.
  • Tanaka, A., Mori, K., & Takano, Y. (2002). “Functional segregation of segmental features, pitch-accents, and non-distinctive suprasegmental features in working memory.” Proceedings of the 1st Pan-American/Iberian Meeting on Acoustics, CD-ROM英文6頁.

【論文(査読無し)】

  • 木幸子・平松沙織・田部井賢一・田中章浩. (2014). "感情の多感覚知覚における注意の役割―基本6感情をあらわす表情と音声を用いた検討―". 電子情報通信学会技術研究報告, HIP2014-63, pp.15-20.
  • 田中章浩・伊藤哲・外谷健司・大河原聡・渡邊克巳. (2013). “音声による情動表現の認知―年齢およびラジオ聴取頻度との関連―”. 電子情報通信学会技術研究報告, HIP2013-62, pp.13-16.
  • 橋麻衣子・木幸子・田中章浩. (2013). “発話内容の理解における発話者の表情の影響”. 電子情報通信学会技術研究報告, HIP2013-45, pp.61-66.
  • 宮澤史穂・木幸子・田中章浩. (2013). “基本6感情の組合わせによる高次感情の検討”. 電子情報通信学会技術研究報告, HCS2012-104, pp.149-154.
  • 田部井賢一・木幸子・田中章浩. (2012). “表情と音声の情動価を不一致にした刺激に対する感情判断―基本6感情を用いた日蘭比較研究―”. 電子情報通信学会技術研究報告, HIP2012-50, pp.13-16.
  • 田部井賢一・田中章浩. (2012). “演奏音と身体動作による多感覚情動知覚−基本6感情をもちいて−”. 日本音響学会聴覚研究会資料, 42, pp.13-18
  • 木幸子・田部井賢一・田中章浩. (2012). “顔と声のあらわす感情が不一致な刺激に対する感情判断および印象評定”. 日本音響学会聴覚研究会資料, 42, pp.42-49
  • 宮澤史穂・田中章浩・西本武彦. (2012) . “音楽と言語情報の短期的な保持システム−絶対音感保持者と非保持者の比較−”. 日本音響学会聴覚研究会資料, 42, pp.23-28
  • 氏家悠太・浅井智久・田中章浩・浅川香・若林明雄. (2012) . “健常者におけるマガーク効果の個人差―自閉症傾向を指標とした検討―”. 日本音響学会聴覚研究会資料, 42, pp.93-98.
  • 田中章浩. (2011). “顔と声による情動の多感覚コミュニケーション”. 認知科学, 18(3), pp.416-427. 【招待論文】
  • 田中章浩. (2010). “多感覚的に解読する相手の“真意”:顔と声による視聴覚情動認知の比較文化研究”. 電子情報通信学会技術研究報告, HIP2010-66, pp.25-28. 【招待論文】
  • 浅川香・田中章浩・今井久登・坂本修一・鈴木陽一. (2008). “視聴覚音声情報における知覚的非同期補正”. 電子情報通信学会技術研究報告, HIP2008-148, pp.131-135.
  • 今野晃嗣・丸山俊・日高聡・田中章浩・小泉政利・行場次朗・萩原裕子. (2008). “英語活動経験が英語音素対聴取時における幼児の脳活動に及ぼす影響−NIRSによる検討−”. 電子情報通信学会技術研究報告, TL2008-19, pp.45-48 .
  • 丸山俊・今野晃嗣・日高聡太・柴田寛・栗原通世・田中章浩・小泉政利・行場次朗・萩原裕子. (2008). “英語活動経験が物語聴取時における幼児の脳活動に及ぼす影響 −NIRSによる検討−”. 電子情報通信学会技術研究報告, TL2008-19, pp.41-44.
  • 沼畑俊・坂本修一・田中章浩・今井篤・都木徹・鈴木陽一. (2007). “単語知覚における話者映像と時間伸長音声のずれの検知限および許容限”. 電子情報通信学会技術研究報告, HIP2007-139, pp.55-60.
  • 浅川香・田中章浩・今井久登. (2007). “McGurk効果を用いた視聴覚統合の時間窓の補正”. 日本音響学会聴覚研究会資料, 37, pp.639-642.
  • 田中章浩・坂本修一・津村光美・鈴木陽一. (2006). “視聴覚の提示タイミングおよび提示速度の違いが単語音声認知に及ぼす影響”. 日本音響学会聴覚研究会資料, 36, pp.369-374.
  • 津村光美・田中章浩・坂本修一・鈴木陽一. (2005). “話速変換単語音声聴取に非同期話者映像がもたらす影響”. 電子情報通信学会技術研究報告, HIP2005-98, pp.103-108.
  • 田中章浩・坂本修一・鈴木陽一. (2005). “話速変換音声聴取に音声伸長量とポーズ長が及ぼす影響”. 電子情報通信学会技術研究報告, SP2004-161, pp.43-48.
  • 田中章浩・森浩一・佐藤裕・小泉敏三・古屋泉・皆川泰代・林良子・田内光. (2004). “人工内耳装用者・児の音声弁別に対する脳反応と行動反応”. 日本音響学会聴覚研究会資料, 34, pp.189-194.
  • 田中章浩.(2003). “メロディ音高情報のリハーサルの性質”. 電子情報通信学会技術研究報告, TL2003-16, pp.5-9.
  • 田中章浩・森浩一・高野陽太郎. (2002). “音声ピッチの音韻性による短期記憶メカニズムの差異”. 電子情報通信学会技術研究報告, SP2001-147, pp.17-24.
  • 田中章浩. (2001). “音声の短期的保持における音韻情報と音高情報の関係”. 電子情報通信学会技術研究報告, SP2000-168, pp.63-70.
  • 田中章浩. (2000 ). “外国語韻律情報の表象形態−中国語の四声を用いて−”. 電子情報通信学会技術研究報告, TL2000-18, pp.33-40.

【著書】

  • 田中章浩. (2012). 「マガーク効果」. 西本武彦 (編)『認知心理学ラボラトリ』, pp.28-33, 弘文堂
  • 田中章浩. (2012). 「顔と声による感情認知」. 西本武彦 (編)『認知心理学ラボラトリ』, pp.34-42, 弘文堂
  • 田中章浩. (2012). 「音読と黙読による文理解」. 西本武彦 (編)『認知心理学ラボラトリ』, pp.143-156, 弘文堂
  • 田中章浩. (2000). 「外国語学習における例文の効果」. 西本武彦・林静夫(編)『認知心理学ワークショップ−実験で学ぶ基礎知識−』, pp.145-155, 早稲田大学出版部

【国際会議発表】

  • Takagi,S., Tabei,K.,&Tanaka, A. "Comparison of Emotion Perception between artificial and non-artificial stimuli representing different emotions by faces and voices" The 15th International Multisensory Research Forum (IMRF2014), Amsterdam, the Netherlands, June 2014.
  • Tanaka,A.,Takagi,S.,&Tabei, K. "Cultural differences in emotion perception by face and voice representing basic six emotions" The 15th International Multisensory Research Forum (IMRF2014), Amsterdam, the Netherlands, June 2014.
  • Takahashi,M. & Tanaka,A. “Integration of text and speech information during audio-visual presentation” 9th international conference on cognitive science(ICCS2013),Kuching, Sarawak, Malaysia, August 2013.
  • Takagi, S., Miyazawa, S.,Huis in't Veld, EMJ., de Gelder B., Tanaka, A.“The cultural differences in multisensory display rules in expressing the complex emotions” 9th International Conference on Cognitive Science(ICCS2013),Kuching, Sarawak, Malaysia, August 2013.
  • Miyazawa, S., Tanaka., A., & Nishimoto., T. “Short-term memory for tonal and verbal information: comparison with absolute and non-absolute pitch possessors.” The 34th annual meeting of the cognitive science society (Cogsci 2012), Sapporo, August 2012.
  • Tabei, K., & Tanaka, A. (2012). “Multisensory perception of six basic emotions in music.” Proceedings of International Conference on Music Perception and Cognition, Thessaloniki, July 2012.
  • Koizumi, A., Tanaka, A., Imai, H., Hiramoto, E., Hiramatsu, S., & de Gelder., B. “The effects of anxiety on the recognition of multisensory emotional cues with different cultural familiarity.” The 12th International Multisensory Research Forum, Fukuoka, October 2011.
  • Ujiie, U., Asai, T., Tanaka, A., Asakawa, K., & Wakabayashi, A. “Individual differences in the McGurk effect: An Examination with the Autism trait and Schizotypal Personality.” The 12th International Multisensory Research Forum, Fukuoka, October 2011.
  • Takagi, S., Hiramatsu, S., Huis in't Veld, EMJ., de Gelder B., & Tanaka, A.“Recording and validation of audiovisual expressions by faces and voices.” The 12th International Multisensory Research Forum, Fukuoka, October 2011.
  • Tanaka, A., Stekelenburg, J., Miyazawa, S., & Vroomen, J. “Temporal order judgment of audiovisual speech in Dutch and Japanese.” The 11th International Multisensory Research Forum, England, June 2010.
  • Asakawa, K., Tanaka, A., Sakamoto, S., & Suzuki, Y. “Audio-visual synchrony perception of simplified speech sounds heard as speech or non-speech.” The 11th International Multisensory Research Forum, England, June 2010.
  • Tanaka, A., Stekelenburg, J., Miyazawa, S., & Vroomen, J. “Temporal order judgment of audiovisual speech in Dutch and Japanese.” The 11th International Multisensory Research Forum, Liverpool, June 2010.
  • Tanaka, A., Koizumi, A., Imai, H., Hiramatsu, S., Hiramoto, E., & de Gelder, B. “Perception of emotion in face and voice: Crosscultural comparison.” The 10th International Multisensory Research Forum, New York, America, June 2009.
  • Tanaka, A., Sakamoto, S., Suzuki, Y., & Tsumura, K. “Auditory-visual speech perception and intermodal asynchrony.” The 19th International Congress on Acoustics, Madrid, Spain, September 2007. (Invited talk)
  • Tanaka, A., Sakamoto, S., Tsumura, K., & Suzuki, Y. “Effects of intermodal timing difference and speed difference on intelligibility of auditory-visual speech in younger and older adults.”International Conference on Auditory-Visual Speech Processing 2007, Kasteel Groenendael, Hilvarenbeek, The Netherlands, August 2007.
  • Tanaka, A., & Takano, Y. “Working memory for pitch in speech and nonspeech sounds.” Language and Music as Cognitive Systems, Lady Mitchell Hall, Sidgwick Site, Cambridge, UK, May 2007.
  • Tanaka, A., Sakamoto, S., Tsumura, K., & Suzuki, Y. “Effects of intermodal timing difference and speed difference on auditory-visual speech perception.” 4th Joint Meeting Acoustical Society of America and Acoustical Society of Japan, Sheraton Waikiki Hotel, Honolulu, Hawaii, December 2006.
  • Tanaka, A., Sakamoto, S., & Suzuki, Y. “Effects of speech-rate and pause duration on sentence intelligibility in younger and older normal-hearing listeners.” 149th Meeting of Acoustical Society of America, Hyatt Regency Vancouver, Vancouver, BC, Canada, May 2005.
  • Tanaka, A., & Takano, Y. “Rehearsal mechanisms for pitch information in spoken language and musical tone.” The 2nd International Conference on Working Memory, Kyoto International Conference Center, Kyoto, Japan, August 2004.
  • Tanaka, A., & Mori, K. “Relationship between subjective percepts and cortical responses to speech stimuli measured by near-infrared spectroscopy.” The 4th International Conference on Cognitive Science, University of New South Wales, Sydney, July 2003.
  • Tanaka, A., Mori, K., & Takano, Y. “Functional segregation of segmental features, pitch-accents, and non-distinctive suprasegmental features in working memory.” First Pan-American/Iberian Meeting on Acoustics, Cancun, Mexico, December 2002.
  • Tanaka, A. “Working memory for speech pitch.” The 3rd Tsukuba International Conference on Memory, Epochal Tsukuba, Japan, March 2002.
  • Tanaka, A., & Nakamura, K. “Do verbal memory affect the proficiency of L2 speaking?: Evidence from Japanese adult learner of English.” The Third Annual Conference of the Japanese Society for Language Studies, Japan Women’s University, Tokyo, Japan, June, 2001.
  • Tanaka, A., & Takano, Y. “Is musical ability related to the prosody learning of second language?”The 22nd Annual Meeting of the Cognitive Science Society, University of Pennsylvania, August 2000.
  • Tanaka, A., & Takano, Y. “Sentence processing by analogy.” Poster presented at The Second Joint International Conference on Cognitive Science. Waseda University, Tokyo, Japan, July, 1999.

【国内学会発表(2010年度以降)】

  • 木幸子・原田宗子・定藤規弘・Huis In 't Veld, Elisabeth・de Gelder, Beatrice・濱野友希・田部井賢一・田中章浩. "表情と音声による視聴覚情動知覚の文化差を生みだす神経基盤". 第4回社会神経科学研究会(愛知).(2014年10月)
  • 田中章浩・堀紗矢香."音声の基本周波数と抑揚が年齢知覚に及ぼす効果". 日本認知科学会第31回大会(愛知).(2014年9月)
  • 新村知里・草野 萌・田中章浩. "顔の表情と形態が魅力に及ぼす効果". 日本認知心理学会第12回大会(宮城).(2014年6月)
  • 木幸子・宮澤史穂・田中章浩."高次感情の概念と表出および知覚関連性検討".日本認知心理学会第12回大会(宮城).(2014年6月)
  • 平賀茉莉・安田 孝・木幸子・田中章浩."上下回転した未知人物顔の同定".日本認知心理学会第12回大会(宮城).(2014年6月)
  • 秋山優香・吉田夏海・田中章浩.”警告の提示方法による行動抑制への効果”.日本認知科学会 知覚と行動モデリング(P&P)研究分科会(東京).(2014年3月)
  • 大谷友希絵・田中章浩.”表情と音声による感情の偽装の判別”.日本認知科学会 知覚と行動モデリング(P&P)研究分科会(東京).(2014年3月)
  • 杉本沙織・平塚真美・木幸子・田中章浩.”顔年齢及び声年齢の推定”.日本認知科学会 知覚と行動モデリング(P&P)研究分科会(東京).(2014年3月)
  • 木幸子・宮澤史穂・Elizabeth Huis In 't Veld・Beatrice de Gelder・田中章浩.”顔と声による高次感情の表現における文化差”.日本認知科学会 知覚と行動モデリング(P&P)研究分科会(東京).(2014年3月)
  • 橋麻衣子・木幸子・田中章浩. ”発話者の表情が観察者の文章理解と眼球運動に及ぼす影響." 第5回多感覚研究会(厚木)(2013年11月)
  • 橋麻衣子・田中章浩“説明的文章の理解における提示モダリティの効果” 日本認知科学会第30回大会(東京)(2013年9月)
  • 木幸子・宮澤史穂・Elisabeth Huis In 't Veld・Beatrice de Gelder・田中章浩."顔と声による高次感情の表現における文化差."日本認知心理学会(茨城)(2013年6月)
  • 高橋麻衣子・木幸子・田中章浩. “表情と同時に提示された音声刺激が感情判断時の注視位置に及ぼす影響.” 第4回多感覚研究会(茨城)(2013年1月)
  • 宮澤史穂・木幸子・Lisanne Huis In't Veld・Beatrice de Gelder・田中章浩. “基本6感情の組合わせによって高次感情は表現できるのか?:日本人とオランダ人の比較.” 第4回多感覚研究会(茨城)(2013年1月)
  • 木幸子・田部井賢一・Lisanne Huis In't Veld・Beatrice de Gelder・田中章浩. “表情と音声の示す感情が異なる刺激に対する感情判断―同一文化集団と異文化集団の刺激における判断の日蘭比較―.” 第4回多感覚研究会(茨城)(2013年1月)
  • 氏家悠太・浅井智久・田中章浩・浅川香・若林明雄. “自閉症の顔処理からみるマガーグ効果の個人差(1)‐健常大学生を対象とした検討‐.” 第4回多感覚研究会(茨城)(2013年1月)
  • 田部井賢一・木幸子・Huis In't Veld Lisanne・de Gelder Beatrice・田中章浩. “基本6 感情を表出した表情と音声に対する感情判断―表情と音声を入れ替えた刺激に対する判断の日蘭比較―.” 日本認知科学会第29回大会(宮城)(2012年12月)
  • 木幸子・田部井賢一・Huis In't Veld Lisanne・de Gelder Beatrice・田中章浩. “表情と音声の示す感情が異なる刺激に対する感情判断―同一文化集団と異文化集団の刺激における判断の日蘭比較―.” 日本認知科学会第29回大会(宮城)(2012年12月)
  • 宮澤史穂・田中章浩・西本武彦. “音楽と言語情報の短期的な保持システム.”日本認知科学会第29回大会(宮城)(2012年12月)
  • 田部井賢一・木幸子・田中章浩. “表情と音声を入れ替えた刺激に対する感情判断―基本6感情を用いた日蘭比較―.” 日本心理学会第76回大会(神奈川)(2012年9月)
  • 木幸子・田部井賢一・田中章浩. “表情と音声のあらわす感情が不一致な刺激に対する感情判断.” 日本心理学会第76回大会(神奈川)(2012年9月)
  • 田中章浩・木幸子・平松沙織. “表情認知および音声感情認知における内集団優位性の文化間比較.”日本認知心理学会(岡山)(2012年6月)
  • 木幸子・平松沙織・ 田中章浩. “感情を含んだ表情と音声を組み合わせた日蘭刺激作成とその評価.”第三回多感覚研究会(東京)(2012年1月)
  • 木幸子・ 平松沙織・ 田中章浩. “日本人の顔と声による感情表現の収録とその評価.” 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会(仙台)(2011年11月)
  • 木幸子・平松沙織・田中章浩. “感情を含んだ表情と音声を組み合わせた日蘭刺激作成とその評価.”日本心理学会第75回大会(東京)(2011年9月)
  • 田中章浩・大河原聡・外谷健司・渡邊克巳. “音声による情動表現の認知―基本6感情と高次感情を用いて―.” 日本心理学会第75回大会(東京)(2011年9月)
  • 宮澤史穂・田中章浩・西本武彦.“音楽と言語情報の短期的な保持システム−リハーサルの観点からの検討−.” 日本心理学会第75回大会(東京)(2011年9月)
  • 氏家悠太・浅井智久・田中章浩・浅川香・若林明雄. “健常者におけるマガーク効果の個人差−自閉症傾向及び統合失調症傾向による検討−.” 日本認知科学会第28回大会(東京)(2011年9月)
  • 宮澤史穂・田中章浩・西本武彦. “音楽と言語情報の短期的な保持システム−保持容量の観点からの検討−.” 日本音楽知覚認知学会2011年春季研究発表会(京都)(2011年6月)
  • 浅川香・田中章浩・坂本修一・鈴木陽一. “Audio-visual synchrony perception of simplified speech sounds heard as speech or non-speech.” 第2回多感覚研究会(宮城)(2010年12月)
  • 田中章浩・小泉愛・今井久登・平本絵里子・平松沙織・Beatrice de Gelder. “顔と声による視聴覚情動認知の文化間比較.” 日本心理学会第74回大会(大阪)(2010年9月)
  • 田中章浩・小泉愛・今井久登・平本絵里子・平松沙織・Beatrice de Gelder. “日本人は声重視:顔と声による情動認知の文化間比較.” 日本認知心理学会第8回大会(福岡)(2010年5月)

【招待講演・シンポジウム・ワークショップ(2010年度以降)】

  • 田中章浩."情動コミュニケーションにおける多感覚統合"日本心理学会第77回大会・公募シンポジウム「多感覚間統合機能の行動神経科学:ヒト適応向上に寄与する脳機能」(札幌)(2013年9月)
  • 田中章浩."コミュニケーションを支える知覚・認知基盤" 日本認知科学会第30回大会・ワークショップ企画・司会(玉川大学)(2013年9月)
  • 田中章浩. "認知心理学から迫る多感覚的なこころの文化差"日本認知心理学会第11回大会シンポジウム「認知心理学の最前線」(つくば)(2013年6月)
  • 田中章浩. “情動の多感覚コミュニケーション” 第16回東京大学文学部心理学研究室セミナー(2013年6月)
  • 田中章浩. “顔と声による情動認知の文化差.” 日本認知科学会・知覚と行動モデリング(P&P)研究分科会ワークショップ「文化と実験心理学」(東京)(2013年3月)          
  • Akihiro Tanaka "Cultural Differences in the Multisensory Perception of Emotion" Invited talk at University of Amsterdam (Amsterdam. 2012年8月)
  • Tanaka, A. “Cultural differences in emotion perception by face and voice.” 30th International Congress of Psychology(Cape Town)(2012年7月)
  • 田中章浩. “表情と音声による多感覚情動認知の比較文化研究.” 社会的知能発生学研究会第34回研究会(東京)(2012年6月)
  • 田中章浩. “顔と声による視聴覚情動認知の文化差.” 日本発達心理学会第23回大会シンポジウム「視聴覚統合と情動、社会的認知の発達」(愛知) (2012年3月)
  • 田中章浩. “表情と音声による多感覚情動知覚の比較文化研究.” 生理学研究所・部門公開セミナー  (愛知)(2011年12月)
  • 田中章浩. “表情と音声による視聴覚感情認知の文化差.” 第9回首都圏感情心理学研究会(東京)  (2011年11月)
  • 田中章浩. “表情と音声による情動の多感覚コミュニケーションにおける文化差.” 日本心理学会第75回大会ワークショップ「多感覚コミュニケーション機能の発達と文化・言語による特殊化」(東京)(2011年9月)
  • 田中章浩. “知覚・認知研究者からみた情動認知の文化差.” 日本心理学会第75回大会ワークショップ 「文化比較で知りたいこと・わかること−認知心理学研究における比較文化アプローチの役割−」(東京)(2011年9月)
  • 田中章浩. “音声と表情による情動コミュニケーション.” 日本心理学会第75回大会ワークショップ「メディア理解のための基礎心理学」(東京)(2011年9月)
  • 田中章浩. “表情と音声による視聴覚情動認知の文化間比較.” 日本学術会議・公開シンポジウム「心の先端研究への扉」(熊本)(2011年7月)
  • 田中章浩. “表情と音声による情動表現の多感覚知覚.” 千葉大学「人間理解のための認知適応科学の創成」研究プロジェクト講演会(千葉)(2011年2月)
  • 田中章浩. “コミュニケーションの心理学〜行動から心の仕組みを探ってみよう〜.” 公文Iリーグセミナー(東京)(2011年2月)
  • 田中章浩. “表情と音声による情動表現の多感覚知覚.” 理化学研究所 Emotion Seminar(埼玉)(2011年1月)
  • 田中章浩. “多感覚的に解読する相手の“真意”〜 顔と声による視聴覚情動認知の比較文化研究.” 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会・日本バーチャルリアリティ学会第16回VR心理学研究会  (共催)(長崎)(2010年11月13日)
  • 田中章浩. “顔と声による視聴覚情動認知の文化間比較.” 認知・感情心理学特別研究会(京都)    (2010年9月23日)

【マスメディア掲載(2010年度以降)】

  • ニュース「報道ゲンバ」(実験とインタビューの様子を放映),テレビ信州,2013年6月17日s 
  • “Le langage emotionnel universel ou culturel?”(フランスの一般向け科学誌へのインタビュー記事掲載), Le monde de l'intelligence, No.29, p.8-13, 2013年2月12日
  • “55プラス 話し上手になる(4) 1秒間に6文字の速さで.” 朝日新聞(朝刊全国版, 家庭欄), 2012年7月2日
  • “オトとキモチの不思議なカンケイ.” 民放ラジオ統一キャンペーン「ラジオがやってくる!」(文化放送), 2012年3月18日
  • “なぜ震災地でラジオが聞かれたのか.” 月刊ラジオライフ4月号, 2012年2月25日
  • “耳でわかることばの意味 ”(インタビュー記事掲載), 朝日新聞(ラジオ欄), 2012年1月18日
  • “「多感覚コミュニケーション」という新しい研究領域を切り開きたい.”(インタビュー記事掲載), 早稲田大学高等研究所ニュースレター, Vol.1, 2011年10月1日
  • “「声色をうかがう」という発想.” 日経BPネット, 2011年9月8日
  • “「声に込めた感情」解釈は可能. ” 読売新聞(ラジオ欄), 2011年8月16日
  • “日本人は声の調子に敏感 比較文化実験で明らかに.” CAMPUS NOW(早稲田大学広報)vol.194, p.7, 2011年1月1日
  • “日本人の感情、顔より声に.” 朝日新聞(朝刊全国版、科学面), 2010年12月3日
  • “「日本人は声の調子に敏感」日蘭共同の比較文化実験で明らかに.” オランダ・ベルギーニュース・ポートフォリオ, 2010年9月24日
  • “声色を読む日本人.” ワセダオンライン・オピニオン, 2010年9月27日
    • 日本語http://www.yomiuri.co.jp/adv/wol/opinion/society_100927.htm 
    • 英語http://www.yomiuri.co.jp/adv/wol/dy/opinion/society_101012.htm

所属学会

  • 日本心理学会
  • 日本認知科学会
  • 日本基礎心理学会
  • 日本認知心理学会
  • 日本音響学会
  • 日本音楽知覚認知学会
  • Association for Psychological Science

学会委員等

  • ICCS 2013 (The 9th International Conference on Cognitive Science) International Program Committee (2013)
  • 日本認知科学会 知覚と行動モデリング研究分科会(P&P)主査(2012〜)
  • 日本認知科学会第29回大会準備委員会 プログラム副委員長(2012)
  • Frontiers in Emotion Science 誌編集委員(2011〜)
  • 日本認知科学会常任運営委員(2011〜)
  • The 12th International Multisensory Research Forum (IMRF2011) Scientific Committee
  • 日本認知科学会『認知科学』誌「多感覚コミュニケーション」特集号エディタ(2011年9月発行)
  • 日本認知科学会『認知科学』論文賞選考委員(2010〜)
  • 日本認知科学会2010年冬のシンポジウム「多感覚コミュニケーション」企画・運営
  • 国際視聴覚音声会議(AVSP2010)プログラム委員(2009〜2010)
  • 国際視聴覚音声会議(AVSP2010)実行委員(2009〜2010)
  • 日本音響学会 論文誌査読委員(2007〜)
  • 日本心理学会 地域別代議員(2007〜2009)
  • 日本認知科学会 学会誌『認知科学』編集委員(2007〜)

競争的研究資金

  • 2013年〜2015年度(予定), 東北大学電気通信研究所・共同プロジェクト研究, 「感性情報を高精度に伝達する音声情報通信システムの研究」(研究代表者)
  • 2012〜2014年度,科学研究費補助金(若手研究A),「表情と音声による視聴覚情動認知の文化差とその神経基盤」 (研究代表者)
  • 2011年度,科学技術融合振興財団調査研究助成「異文化間での感情理解に不可欠な表情認知過程の解明と、その訓練に向けたゲーム開発」(研究代表者)
  • 2010年〜2012年度, 総務省戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE) 若手ICT研究者育成型研究開発, 「顔と声の組み合わせが伝える真の感情に関する認知科学的検討:文化を超えた感情翻訳技術の開発に向けて」(研究代表者) 
  • 2010年〜2012年度, 東北大学電気通信研究所・共同プロジェクト研究, 「人間の知覚特性を考慮したマルチモーダル音声情報通信システムに関する研究」(研究分担者)
  • 2010年〜2011年度, 科学研究費補助金(研究活動スタート支援), 「顔と声による視聴覚情動認知の文化間比較」(研究代表者)
  • 2007年度〜2011年度, 科学研究費補助金(特別推進研究), 「マルチモーダル感覚情報の時空間統合」(研究分担者)
  • 2007年度〜2008年度, 科学研究費補助金(基盤研究C), 「外国語副作用の生起プロセス」(研究分担者)
  • 2006年度〜2007年度, 科学研究費補助金(若手研究B), 「無関連音が視覚提示の言語課題の遂行に及ぼすクロスモーダルな妨害効果」(研究代表者)
  • 2006年度, 第1回博報「ことばと文化・教育」研究助成, 「聴解から読解へ−音読の機能に着目して読み能力の発達を探る−」(研究分担者)
  • 2005年〜2007年度, 東北大学電気通信研究所・共同プロジェクト研究, 「人間の知覚特性を考慮したマルチモーダル情報処理システムに関する研究」(研究分担者)
  • 2005年度, 栢森情報科学振興財団研究助成, 「視聴覚情報統合型話速変換処理システムの構築」(研究分担者)
  • 2002年度, ヤマハ音楽振興会研究助成, 「音楽と言語の認知機構の共有に関する研究−音楽における旋律線抽出能力と外国語の発話能力を中心に−」(研究代表者)
  • 2001年度, サウンド技術振興財団研究助成, 「音楽認知と外国語使用の共通性に関する研究」(研究分担者)

バナースペース

inserted by FC2 system